「共感」コピーライティングで商品の価値と魅力を伝えて売る

copywriting-maniac

コピーライティング

3つのポイントを抑えるだけで売れるヘッドコピーをサクサク書く方法

投稿日:

シンプル!ヘッドコピーライティングテクニック3つのポイント

Detmold / Pixabay

近藤
私が行っている簡単!ヘッドコピー作成をお教えします!♪

今回はコピーライティングにおいて
重要となる、「ヘッドコピーの書き方」について
解説を行っていきます。

コピーライターによって、
このヘッドコピーの書き方も実に様々ですが

ここでは主に私が師匠から
教えていただいた方法に絞って
あなたにお伝えしていきますね。

シンプルで簡単!ヘッドコピー3つの基本ポイント

まず、ヘッドコピーを書く上で、
一番基本形の形が以下のものとなります。

  1. ターゲットへの呼びかけや問いかけ
  2. メインキャッチ
  3. サブキャッチ

この3つのブロックから構成されたものが、
シンプルですが、高い効果を発揮するヘッドコピーです。

続いて、それぞれのブロックがもつ、
目的について説明すると、次のような意味合いとなります。

1:ターゲットへの呼びかけや問いかけ

目的:誰にコピーを伝えたいのか?その対象をここで絞り込む

2:メインキャッチ

目的:誰(ターゲット)に「何を?(どんなメリットを)」を伝える部分
ターゲットに対してのメリットやオファーを投げかける。
一番の売りをひと言で、シンプルに、短く、かつ強力に伝える。
「だから何」、「つまり、ひと言でいうと?」を意識したメッセージにする。

3:サブキャッチ

目的:誰に、何を、どのように?…の、「どのように?」部分にあたる。
メインキャッチでは伝えきれなかった部分や、より具体的な内容をここで伝える。
オファーを入れる場合もある。

それぞれのブロックは、以上のような意味合いを持ちます。

もちろん、他にも様々な形のものがありますが
一番シンプルなのが、この形になるため

コピーを書き慣れていない方が
複数のヘッドコピーのパターンを出していって
数をこなす練習を積み重ねていくのに最適です。

 

また近年は、文字量の多いコピーは
なかなか、読まれないという傾向に変わってきており、

短い、シンプルなメッセージである、

「マイクロ・コピー」が今後の主流になる…と
業界では言われていますが、

短いコピーであっても、

ターゲットの選定と、
そのターゲットに対してのベネフィットやオファーが
先ほどの形の中に、バッチリ決まっている

というヘッドコピーが作れれば、
それだけでも、高い成約を獲得できる

という事ができてしまう、
強力なライティングができるようになります。

ですので、これからお伝えする方法は、
コピーライティングで成果を出したいのであれば

知っておいて損はない方法だと言えます。

 

それでは次は、具体例も交えて
先ほどの形に当てはめたヘッドコピーの事例を
確認していきましょう。

【事例】バストアップ商材を売るレターのヘッドコピー

胸のサイズでお悩みの女性に対して、
その問題を解決できる、バストアップのマッサージ商材を
販売するためのセールスレターのヘッドコピーを

先ほどお伝えした、3つのポイントをふまえて
仮でサクッと作ってみたものが、以下のものになります。

1:ターゲットへの呼びかけや問いかけ

胸が小さい、バストの形が良くない、年齢とともに下垂してきた、
合うブラが見つからない…とお悩みの30代女性の方へ、、、

2:メインキャッチ

1日たった5分の簡単マッサージで
バストサイズを2カップボリュームアップする
「神乳メソッド」

3:サブキャッチ

現役美容外科医が考案したエクササイズで
ツンとした、ハリのあるバストを7日間で実現してみませんか?

こんな感じのイメージです。

ここでは、ワンパターンのヘッドコピーのみの
紹介になってしまいましたが、

実際に書く時は、スワイプファイルや、
タイトルテンプレート集を使って

それぞれのブロックごとに、
コピーの100本出しを行って

出てきた、それぞれのコピーを組み合わせて、
ヘッドコピーのパターンをどんどん出していき

強力なものを採用して、
ABテストをかけて、改善し、
実際の反応を見て

ターゲット設定の修正や
ヘッドコピーを完全していくと
効果的です。

近藤
「圧倒的!量から質が生まれます!だから100本出しは重要!」

まとめ

以上、今回は3つのポイントを踏まえて作る
ヘッドコピーの作り方について解説をしました。

基本的には、

  1. ターゲットへの呼びかけ
  2. メインキャッチ
  3. サブキャッチ

この3つのパターンを踏まえて、
沢山アイデアを出していき、

そして、出たものを組み合わせて、
強力なヘッドコピーに仕上げていくという流れが
シンプルで簡単です。

 

また、別の切り口でも
ヘッドコピーの書き方をどんどんご紹介しますので
コピーライティングを上達したいという方は
更新を楽しみにしていただければと思います。

「こういうのが知りたい」といった、
リクエスト的な内容にもお答えしますので

気になることがあれば、
お気軽にコメントを投稿して下さい。

それではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コピーライティング
-

Copyright© copywriting-maniac , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.